FC2ブログ

Entries

金木犀の秋

こんにちは、やぎです。

気温も下がり、秋めいてきましたね。早速祖母が送ってくれた栗・さつまいも・柿を並べて秋を満喫しております。

さて、秋の花と言えば私は断然金木犀が好きなのですが、今年も盛りとなった金木犀の香りを嗅いでいるうちにひとつ思い出したおはなしがありました。あらすじはこんな感じです。

―主人公は、最近町のいたるところでオレンジ色の服を着た女の子を見かける。女の子たちからは甘い匂いがして、それが何の匂いかなかなか思い出せない。あるとき女の子たちについて行った主人公は、彼女たちと話をするうちにその香りが金木犀であること、女の子たちが金木犀の精であることを知る―

大変美しいおはなしで、挿絵もよく覚えているのですが作者と題名が思い出せない……。
必死に記憶を手繰り寄せて見当をつけた本を探しに行くと、どの図書館にも本屋にもない……。
うおー!と一時期荒れていたのですが、そういえば小さいころの本は祖父母の家にあることを思い出して駆けつけると、ありました!安房直子著・「花のにおう町」。
割と細かい部分まで憶えていたつもりだったのですが、読み返してみると表現の美しさに新鮮な驚きを覚えました。

鮮やかな感動を与えて下さった安房直子さん、ありがとうございます。これからも本との出会いを大切にしたいです。
スポンサーサイト



Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索