FC2ブログ

Entries

地獄の底で自分語り

 初めまして、9月3日から三田文学編集部に加入いたしましたウーフです。
 ニーチェよろしく「デーモンの囁き」を耳にしてうっかり大学院に入ってしまい、お昼ご飯を106円のポテトチップスで済ませるほど貧困に悩まされていたところを先輩に誘っていただきました。ここで働くことで、食後のデザートも買うことが出来るようになればと画策しています。よろしくお願いいたします。

 大学院に入ってからというもの、授業とは別に「読書会」という名の勉強会に参加して、主に人が作った訳文やレジュメにケチをつける日々が続いています。また、ここでのアルバイトと平行して塾講師のアルバイトもしており、そこでは小学生の提出した作文にイチャモンをつけています。したがって私は一週間ほとんど絶え間なく、人の文章に難癖をつけていることになります。卑しい身分です。死後は無限に文章を書かされ無限に校閲され続ける地獄に堕ちるに違いありません。

 と、油断していたところにこの「編集部日乗」という書く側の使命が回ってきました。因果なものです。既に地獄は始まっているのかもしれません。

 まだ入ったばかりで右も左も分からないうえ、最初の投稿ということで自分語りに花を咲かせてしまい、ろくにお仕事の話が出来ませんでした。もう少し人の文章に難癖をつけて徳を落としたころに、再びこの仕事が回ってくれば良いと思っております。また地獄でお会い出来る日を楽しみにしております。


スポンサーサイト

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索