FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の作品を映画館で

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ三田文学編集部をよろしくお願いいたします。
先日発売された三田文学2018年冬季号(132号)、ぜひお手に取っていただければ幸いです。私がはじめて編集作業に関わらせていただいた号なので、個人的にとても思い入れがあります、なんて偉そうにすみません。

申し遅れましたが、昨年10月から編集部でお手伝いをしているたまりと申します。編集長・関根先生の率いる文学部中国文学専攻の3年生で、ゼミでは香港の映画監督・王家衛(ウォン・カーウァイ)の作品について研究しています。

さて、その王家衛の作品ですが、「欲望の翼」という映画がBunkamuraル・シネマで2月3日から上映されます。1990年の作品ですが、古臭さはなく今になっても色褪せないその魅力を、多くの人に映画館で感じてほしいなあ、と思います。
映像も音楽もとにかく洒落ていて、ああ、私もこの映画に出てくる人たちみたいに生活したいなあ、なんて思いながら、まったく実践はできていません(笑)

もし少しでも興味を持たれたら、ぜひ映画館まで足をお運びください。私もこの作品は家でDVDで見ただけなので、上映がとても楽しみです。
スポンサーサイト

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。