Entries

馬敗れて草原あり

ごきげんよう。最近は冷たい風のなかにも春の匂いを感じます。えりです。

先日、競馬サークルの友人に、大井競馬場に連れて行ってもらいました。
競馬には、じじくさいイメージがありましたが、実際は広くてクリーン、かつ客席が禁煙だったりと、想像以上に明るく綺麗で、ギャップに驚きました。1レースが2分半程度で終わることや100円から馬券が買えることなど、知らないことばかりで新鮮でした。
風にそよぐ馬のたてがみや一瞬の熱さ、予想が的中した時の興奮など、病みつきになってしまいそうです。

わたしにとって、競馬と言えば寺山修司のエッセイが浮かびます。
調べたところ、菊池寛や織田作之助、宮本輝らも競馬にまつわる作品を発表しているようです。70年代には志摩直人の競馬詩集『風はその背にたてがみに』がベストセラーになったとか。
この春は、競馬文学に挑戦してみようと思います。
スポンサーサイト

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索