Entries

Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ

愛する自由を求めて闘う女傑よ、遥かアテナイの牧村から歌う朝の子よ、どうか真理を常識にすることに心をすり減らさないでほしい。限られた時間を費やさないでほしい。森のなかに愛を見たなら、まずはあなたにこそそれを味わう権利があるのだから。公にならなかったとしてもそれがなんであろうか。マンションの一室で消えたとしてそれがなんであろうか。ああそれは跋扈する常識よりも尊いもの。あまねく注ぐ太陽の愛にくらべて少し...

椎の実

はじめまして、「ひさ」と申します。今日から編集部でお手伝いさせてもらうこととなって、ここに何か書くように言われたのですが、このところ特別なにかあったわけでもありません。なのですこし前の話をさせていただきます。冬のある日に七十年前の三田の山について話している文章を読んで、自分もそのつもりになってキャンパス内を歩き回っていました。「昔は外国の帆船が見えた」というその気分だけでも味わいたくて、小高い演説...

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索