Entries

春の校了日

やっと日向ぼっこができる程度には暖かくなりました。こんにちは、駿です。三田文学125号(2016年春号)が先日、校了日をむかえました。新編集長のもとでの一冊目です。編集のため、一部を一足先に読ませていただきました。引き込まれる感じがしました。実は今回、編集以外でもお手伝いする機会を得ました(笑)早く皆様のお手元に届き、新たな発見や感動がありますように。...

はてな

こんにちは。ゆずきです。春休みもそろそろ終わりに近付き、日々新しい年度に期待を募らせています。先日、渋谷にある Bunkamura で開催されていた、『幻想と頽廃のアンソロジー ~世紀末から現代まで~』というギャラリーに行ってきました。デカダンス、というものに興味があるのですが、具体的な定義が全く掴めずにいたので、何か参考になれば、、、と思いつつ赴きましたが、やっぱり、よく分りませんでした。笑0円札、という...

どうしよう。

こんにちは、Shuuuuuです。桜の開花予想が発表されましたね。お花見会の予定はどうしよう♪(/・ω・)/ ♪大学卒業と同時に花粉症になりました。病院で診断はしてませんが、ほぼ確実です。学生時代という無菌状態から、社会の荒波にもまれる前に、「まぁ、ひよっこよ、花粉症にでもなってこれからの生活に慣れていけよ」と花粉の神さまから言われているような気がしました。これは一大事です。うららかな春も、空気中には花粉が……と思...

20歳と10歳

こんにちは、ゆずきです。春の訪れを感じられる日々が多くなりましたね。私は今年20歳になります。節目の年です。ついに成人か!と思うと共に、まだ大人になりたくないなあぐうたらしていたいなあという気持ちが交差しています。そんな私と一緒に、遂に2ケタ、10歳を迎える大事な親友がいます。私のわんちゃんです。彼女は私がちょうど10歳の時に家にやってきました。当時は、気付かずに踏み潰してしまいそうなほど小さなチワワで...

感傷的

お久しぶりです。MAです。僕はこの度、3月をもって大学を卒業します。ということは、編集部も同時に卒業ということなのですが、なんだか、感傷的な毎日を過ごしてしまいます。つい最近まで、進路についていろいろとやらなくてはならないことがあって、どたばたとしていたのですが、一応の落ち着きを取り戻した途端、この4年間を回想するようになってしまいました。サークルやバイトや勉強、どれも数年間続けたはずなのに、そのはじ...

花粉

『どうにもならないことなんて どうにでもなっていいこと』という言葉があります。 ザ・ブルーハーツの『少年の詩』という曲の歌詞です。たしかに、そう開き直ってしまった方が自分のやるべきことがより明確になり、いい結果を生むこともあるかと思います。しかしそんなに簡単にいかないのが人間です。世の中です。正確に言えば、花粉です。東京でさえ、つい二週間前まで雪が降っていました。北国にお住まいの方は慣れているかも...

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索