Entries

総会懇親会、授賞式。

先週末に、三田文学総会と懇親会、そして新人賞授賞式が三田キャンパス内で開催されました。無事終わり、ほっとしています。あいにくの悪天候にも関わらず多くの方にご来場いただき、感謝です!授賞を祝うイベントの、二人の女優による森鷗外「普請中」の朗読劇は、若い女優さんならではの仕立て方で、とても興味深いものでした。これからも三田文学らしい、面白いイベントを行うことができればと考えています。ご意見やご感想など...

100年展も無事終わり

「三田文学創刊100年展」、おかげさまで無事終了いたしました。たくさんの方にご来場いただき、ご感想も多々頂戴し、無事終わった喜びと安堵でいっぱいです。とはいえ、図録をご注文いただいた方などにお送りしたり、お預かりした資料を返却したりで、まだまだ気の抜けない日が続きます。終わってもあまり、どころか全然忙しさが変わらない・・・まあ、「家に帰るまでが遠足」のように「無事返却が終わるまでが展覧会」と思って、...

お楽しみは

ずいぶん更新をさぼってしまいました・・・。さて編集部は秋季号の編集作業真っ只中。今日、作品の全てを入稿し終えました。やったー!と達成感に浸る間もなく、どんどん初校が出てきて、著者校が返ってきて、戻す準備をして・・・と、九月末まで気が抜けませんが、がんばらねば。校了後の飲み会目指して!(気が早い?)...

編集部に響く音

後輩の ane ちゃんが、自身のバンドで使うという不思議な楽器を持ってきていました。木の棒に紐がついていて、その先に共鳴するもの(筒を切ったようなもの)がついています。棒を持って振りまわすと、水田での蛙の声とかゴン太くんの声のような音が、けっこうな大きさでします。ついつい、振りまわしながら「王蟲、森へお帰り!」と言ったら約2名がうけてくれました。(好きなんです、「風の谷のナウシカ」。)実家での夏の夜を...

寒い春

暖かくなったと思ったらすぐまた寒くなり、落ち着かない気候が続きます。編集部では足元に小さなストーブを入れていて、今日みたいに足が冷える日はつけるようにしているのですが、いつもと違うコンセントで2つ使っていて、レンジを使いプリンターを使おうとしたらブレーカーが落ちました・・・。幸いメインのPCは無事でしたが、一時サブPC2つが落ち、冷蔵庫も止まり、ブレーカーの場所もわからない、という事態に陥りました。今...

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索