Entries

別れ

さまざまな新しい潮流が、未来へ向かってわれらを押し流そうとしている。新たな技術、新たな法を整えて、雄弁家たちは行進する。そしてただひとり幸せになるために、人々はその後に続く!だが、新たな魂はどこにある?それがどこに現れるか誰が知っているだろう。技術よりも、法よりも、刷新せねばならぬのはこの魂よ。大国にあるのか?砂漠にあるのか?それとも海底に沈んでいるのか?これは悲運なのか?この孤島の言葉をつかって...

愛の海

ぼくはもうあまりほしいものがない。無償の愛を知れば、もうなにもかもよかろうなのだ。なにせじぶんから湧き出た水を飲むまでは渇きっぱなしだった。ところでぼくは、人生の行きつく先まで見てしまった…ひとり遊びがきわまって、神々と遊んだせいで、もうなにもかも青ざめた。それは賢者の石へと変わった魂のせいだ。万物は黄金、体は健康、真理は自ずと現れて、魂だけが、神のもの!おおこのすばらしさ、光の祝福!山頂だけが許...

努力

1日約3000円、俺は大学に金を払っていることになる。だから毎日、3000円分以上の本を借りる。他のことでは到底3000円を埋められない。俺はビジネスの才能があまりなさそうだからこんな風に金を稼ぎます。...

うたうたい

最近日本語でなにか物を書くことが難しくなってきました。なんというか、空想の世界のことならすらすらとことばにできるんですが……周囲からも、芸術や空想のことばかりじゃなくてもっと現実のことに目をむけなさい、地に足をつけなさいとよく叱られています。なので土の人たちの詩を書いてやりました。いぇーいTwo Though higher spirits sing above,The creatures below dance around.Wings and feet never get along,Even when e...

Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ

愛する自由を求めて闘う女傑よ、遥かアテナイの牧村から歌う朝の子よ、どうか真理を常識にすることに心をすり減らさないでほしい。限られた時間を費やさないでほしい。森のなかに愛を見たなら、まずはあなたにこそそれを味わう権利があるのだから。公にならなかったとしてもそれがなんであろうか。マンションの一室で消えたとしてそれがなんであろうか。ああそれは跋扈する常識よりも尊いもの。あまねく注ぐ太陽の愛にくらべて少し...

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索