FC2ブログ

Latest Entries

はじめまして。

はじめまして。大学三年生のまつと申します。
去年の十一月ごろから編集部でお手伝いをさせていただいております。
大学に入って一番初めにやったアルバイトが、リアル「千と千尋の神隠し」のようなハードな小籠包屋さんだったので、大好きな文学の世界に触れられて、しかも人々が優しいという夢のような職場に入れて幸せだな、楽しいなと思う日々でございます。
初めて日乗を書く仕事を仰せつかったので、ここに来た経緯の話をさせていただくと、
小籠包屋さんを辞した後、苔のような生活をしていた私は、「もう働きたくないでござる」と思っていました。そんな折、ふと、大学に入ったばかりの頃に目にした「三田文学編集部」に関する記事を思い出しました。どうして思い出したのかはよくわかりません。でも、とにかくふっと思い出し、同時に、サークルの先輩が三田文学のイベントの告知をしていたのもふっと脳をよぎりました。
そこからは細い糸を辿ってゆくような気持で、私らしからぬ行動力を発揮し、その先輩に連絡をしてみたところ、たまたまその先輩が編集部で働かれていて、その上とてもお優しい方だったので、ダメもとで紹介していただけることになり、しかもたまたま近々採用面接をすることになっていて、面接を受けることになりました。怒涛の偶然の連続に、綱渡りしてみたらできてしまったような、不思議な感覚になったのを覚えています。
そしてなぜだか面接にも受かってしまい、私は今編集部でこの文章をを書いている……。不思議なことですね。人生って案外運と縁の細い糸を手繰っていくようなものなのかもしれません。
採用通知のメールが来た時も、(絶対落ちてると思っていたので)半日かけて開いた後、震える手で線香に火をつけ、思わず仏壇に祈ってしまいました。
ともかく今はたのしく働かせていただいております。今後もよろしくお願いいたします。

毎日もふもふ

こんにちは、やぎです。

就活のストレスからか、最近もふもふ欲が抑えきれません。猫カフェに行ったり、路地裏で猫を探したり、Twitterで猫動画を漁ったりと忙しい毎日です。そしてこの前、「キツネネコ」という夢のような新種の発見を知りました。キツネとネコ両方の特性を兼ね備えているらしく、もふもふするために生まれてきたかのような動物でした。フランスのコルシカ島に生息しているようですが、日本にも来てほしいですね!対抗して「タヌキネコ」の捜索を始めてもよいかもしれません。

それにしても、毛皮を持つ動物たちには本当に癒されます。人間も進化(?)してもふもふ化すれば、通勤ラッシュで殺伐とした満員電車も平和になるのではないかと思う今日この頃です。世界にもっともふもふが溢れますように。

花粉症vsヨーグルト

はじめまして、やぎと申します。
ここ最近で少しずつ暖かくなり、ようやく春めいてきました。
春はぽかぽかしているし、桜餅も苺もおいしいし大好きな季節なのですが、残念なことに今年は花粉症のせいでいまいち楽しめていません。1日は寝起きのくしゃみとともに始まり、玄関先でくしゅん、電車に乗ってくしゅん、講義を聴きながらずびびびび……と一花粉症人として立派に活躍しております。先日ヨーグルトが花粉症に効くとのうわさを聞きつけ、早速食べ始めました。ヨーグルトはインフルエンザ予防にもなるそうです(母談)。友人は一日一卵が健康の秘訣と言っていましたが、私はこれから一日一ヨーグルト説を唱えようと思います。花粉症に苦しんでいる方はぜひ一緒にヨーグルト運動を始めましょう。花粉症、治りますように……。

小さいころの夢

小さい頃、「日本沈没」という壮大な夢を見たことがあります。おそらくその頃やっていた同名の映画に影響されてでしょうが、起きた後も予知夢だったらどうしようとしばらく恐ろしかったのを覚えています。

舞台は我が家とその周辺。その頃日本国民にはある噂が立っていました。それは「線路が爆発したら日本が沈没する」というもの。母と祖母がしきりにその噂について話して、避難道具をまとめていたのが妙にリアルでした。そこで視点が切り替わって、俯瞰。線路が映し出されます。なんだか忘れましたが何か音が鳴って、その後線路が爆発しました。爆発というか、マグマが下からぼわっと出てきた感じです。すると線路からバラバラと甲冑をまとった武者たちが出てきました。合戦の絵巻に出てくるような感じの様態です。そしてまた視点が変わり家に。家族が蒼白になって、でもどこか落ち着いて避難準備をしている姿。私も、もう助からないしどうしようもないというのはわかっていたけど「どうしたらいいだろう」と家族に問いかけました。

覚えているのはこのぐらいで、結局どうなったのかは忘れました。大人になった今はこれは笑い話です。地球温暖化の話題とか、映画とか、いろんな事が混ざりあった結果見たのだろうなぁと思います。夢の中とはいえ、終末体験というある意味貴重な体験をすることができました。皆さんは、どんな夢が印象深いでしょうか。

春節に

 先月の春節期間中に中華街へ出掛けてきました。毎年その時期には一人でふらりと遊びに行き、肉まんを買い食いしたりいつも行くお店に寄ったりしています。

 例年は多くの観光客にもまれながら買い物したり山下町公園の演舞を見学したりするのですが、私が行った日は関東でも雪が降った日で、どうやら屋外イベントは中止のようでした。元町中華街駅についたときはパラパラぐらいでしたが、夕方にはもはや吹雪と呼べるのでは? というくらいでした(温暖地域出身者基準)。風邪予防で身に付けたマスクが図らずも防寒具となってくれました。どこの通りも春節期間中の休日とはとても思えないような人のまばらっぷりで、ブーツは雪でびちょびちょでしたがとても歩きやすい半日を過ごしました。

 今回自分のお土産として購入したのは、葉っぱの(葉脈が見える)しおりです。金魚やパンダなどいろんな絵柄と色の種類がありどれも素敵だったのですが、私は蓮が描かれたものを購入しました。

 中華街ではオシャレなものを買うこともありますが、完全に趣味にはしった買い物をすることもあります(前年は約3万円の銅像を買い、その前は三国志の劇画トランプを買い、数年前には約2万円の銅像を買いました……)。来年何か買うかは分かりませんがまた遊びに行きたいと思っています。

Appendix

三田文学編集部

mitabun

月別の一覧

日めくり

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索